マッチングアプリと勘違いしている男性ユーザー

チャトレと直アドを交換しようとしてくる男性ユーザーとは

チャットレディをやっていると、一見さんでも、リピーターさんでも、連絡先を教えてほしいなどといってくるときがあります。

携帯のキャリアメールアドレスを教えてほしいとか、ラインのIDを教えてほしいとか、直接の連絡先を聞いてきます。

当記事では、チャットサイトにいるチャットが目的ではなく、出会いが目的で利用している男性客の対処方法などについて細かく解説しているので、あなたのこれからのチャットレディライフに役立ててください。

マッチングサイトと勘違いしている男

ライブチャットには、チャットがしたい人が大半なのはもちろんですが、出会い目的の人も中にはいます。

男女のマッチングサイトでもないのに、出会えると思っている男性ユーザーが必ずいます。

チャットサイトを男女の出会いの場だと思って本気で勘違いしている男性も中にはいます。

そのため、チャットレディの音声通話がはじまってすぐとか、チャットにログインしてすぐに、スマホのメールアドレス教えてくださいとか聞いてきたりするのです。

ですが男性ユーザーがすべて悪いというわけではなく、チャットサイトを紹介しているウェブサイトの紹介の仕方も悪いといわれています。

そのウェブメディアというのは、紹介料をもらっているので、なるべく男性に登録させようとして、あることないこといって、出会いの場であるなどと宣伝して、登録してもらおうとするんです。

なので、当然そういったウェブサイトを見た人は、ライブチャットサイトがあたかもマッチング出来るサイトのように見えてしまって、出会い目的となってしまうのです。

上記のような流れがあるからこそ、そういう男性はチャットサイトに登録して、チャットレディにメールを送って、いきなり出会えませんか?などと聞いてしまうのです。

他にも細かい要因があるかもしれませんが、こういった一部の悪質なアフィリエイトサイトのせいで、出会いを求めてライブチャットに登録してくる男性が後を絶ちません。

メルアドを教えてといってくる男性客

実際に私がライブチャットの男性ユーザーにラインやスマホのアドレスを聞かれた体験談をご紹介したいと思います。

チャットレディをやっている人ならば、一度は経験したことがあると思いますが、ぜひお読みください。

初対面なのに彼女になってほしいと懇願される

彼女になってくださいとかいきなりいってくる男性客は結構います。

どんな男性がタイプですか?高身長ですか?高収入ですか?などとメールを送ってくる男性もいるので注意しましょう。

ライブチャットサイトのメールやチャットが始まって早々にこういうことを聞いてくる出会い目的の男性に遭遇したら、拒絶するのではなくて、適当に会話しながら、チャット時間を稼ぐのもありですね♪

ライン交換してください!と聞いてくる人

ライブチャットを出会いの場だと勘違いしている男性客の中で一番送ってきがちなメールはライン交換してくださいメールです。

ラインやってませんか?といって、自分のラインIDを添付して送りつけてくる男性もいるくらいです。

ライン交換などを聞いてくるのは、メールがほとんどで、男性側もポイントをなるべく消費しないようにしているので、チャットであまり聞いてくることはありません。

まず一通目に直アドかラインを教えてくれといって、だめだといわれれば、別の女性に片っ端から送っていくので、注意が必要ですね。

そういう男性は最初からチャットなんてする気がないので、あまり相手にしてもしょうがないので、次の男性がチャットしてくれるのを待っていた方がお得ですね♪

メールでラインなどの交換を要求してくる男性はかなり多いです。

私がチャットレディをしているときに、こういったメールを送ってくる男性がいたときは、3,4通くらい引き延ばしてから断っていますが、うまいチャットレディになると、そこからどんどん会話を広げていって、何十通もメールをすることもできるようです。

ムスコ自慢をしてくる客

自分の大きなムスコをみせれば、女性が好きになってくれると本気で勘違いしている男性は多いです。

いきなり自分の勃起させたあそこを送りつけ来てほんとに好かれると思っているのでしょうか。女性からしたら、甚だ理解に困ります…。

自分で誇りに思っているチンコをみせれば、惚れてくれるかもと、本気で思っている男性がいます。

いきなり男性器を見せつけられても、ただただどん引きするしかありませんが、チャットレディとして稼ぐには、こういった変態な客にもうまく対処して、チャット時間を延ばしたりしてずるがしこく稼いでいきましょう♪

会えるのが前提になっている男性客

チャットレディをしていて、いきなり股間画像を送りつけてくる男性がいたかと思えば、リピートしてくれる男性でも、もうすでに会えることが決まっているかのようなチャットをしてくる男性もいます。

こういった男性のテクニックを逆手にとって、うまく転がしていくのが本当のチャットレディだと思いますが、こういう裏工作みたいなのが嫌いな女性ももちろんいるでしょう。

こういった男性をうまいこところがしていければ、上手に稼いでいくことができるかもしれませんが、男性を転がすことが苦手な人もいるでしょうから、すぐに断ってもいいと思います。

下心モロだしの男性客

ポイントをケチりたいにもかかわらず、メールを送ってきて、エッチな行為をしたセルフ動画をくれなどという男性もいます。

こういう男性にたとえば、きちんとアダルトな行為をした動画を送ったとしても、次からチャットにログインして、稼がせてくれるのかと思いきや、全くそんな気配もなく、メールでポイントをケチりながら、次の動画をおくってくれなどとのたまってくるので、最初から相手にしないようにしましょう。

チャットレディは自分の肌を露出させて、脱いで男性を喜ばせている訳ですから、それなりの報酬がもらえなければ、損を被るだけなので、気をつけましょう!

いきなりエッチしてくださいといってくる

ライブチャットサイトに出会い目的で登録している男性というのは、最初からチャットをする気がないので、好みの女性すべてに誘いのメールを送ったりしています。

そもそもなぜライブチャットサイトで、女性との出会いが果たせると思っているのか、甚だ疑問ですが、もう勘違いしてしまっているので、こういった男性は話になりません。

大手のマッチングサイトなどはごまんとあるのに、なぜ使わないのかというと、ライブチャットが女性との親交を深めて出会えると思っているからに他なりません。

チャットレディがやると危ない行為

ここからは、ライブチャットサイトにおいてチャットレディが、男性客に対してやってはいけないことを紹介していきたいと思います。

以外に気兼ねなくやっているチャットレディも散見されますが、初心者の方は危険なのでやらないでください。

会わないようにしましょう!

男性ユーザーとリアル世界であったことがあるチャットレディのエピソードをたまに目にしますが、正直危ないと思います。

実際にあってしまったらどういう素性の男性かわからないですし、チャットレディの何よりのメリットは物理的な接触を避けて安全に男性と交流してお金を稼げるところの最大のメリットがなくなってしまいます。

チャットサイトで交流を深めていく内に、男性に気を許してしまうのはわからないでもありませんが、ここは仕事なので線引きをしっかりしておいた方がいいと思います。

直アドは教えないように

ライン交換をして、そこでやりとりをするのは正直男性ユーザーの思うつぼだと思います。男性側からしたら報酬を払わなくてもいいですし、ただで女性とやりとりをできるので、女性側からしたらメリットはなにひとつありません。

男性客にしつこく連絡先を聞かれて、面倒だからといって適当なメールを返したりしても、リピーターを失ってしまうだけなので、規約にあるからとかなんとかいってかわしましょう。

出会えるかのように振る舞わない

直接的な連絡先の交換以外にも、これから仲良くなったり、チャットをし続けてくれたら会えるかのような思わせぶりなのもよくありません。

こういうテクニックを使って、なるべくたくさんチャットやメールをしてもらって、お金を稼ごうとする人も中にはいますが、男性の心をもてあそぶのはあまりよろしくないといえるでしょう。心理的にも抵抗があると思います。

最近では、コロナの真っ最中なので、自粛ムードが漂っていて、うかつに会うことができないことをいいことに、会いたいけどコロナだから会えないといって、うまいこと引き延ばしているチャットレデイもたくさん見受けられます。

こういううまいことをいって引き延ばしてはいるものの、こういうことをいっている女性というのは最初から会う気なんて毛頭ないので、社会通念上どうかと思います。

男性も女性に恋しているのかもしれませんので、会えないなら会えないとはっきりいいましょう。金稼ぎのためだけに男性心理をもてあそぶのはいけないと思います。

直アドなどを聞いてくるお客さんへの対処法

ライブチャットをやっていて、ラインのIDなどを聞いてこようとする男性客はどうやって断ったらいいのか解説していきたいと思います。

私がチャットレディを今までやってくる中で、連絡先をくれくれしてくる男性客に対しての回避方法を日々開発してきましたので、ご紹介したいと思います。

スタッフにいわないように忠告されてるという断り方

チャットレディはそもそも出会いの存在ではないのに、そんな女性に対して連絡先を聞いてくる男性には適当ないいわけをつけて断っておくのがベストです。

男性はポイントを使いたくないケチな人が多いので、アタックしたメールで一度撃沈すると次からは送ってこなくなるパターンが多いので、まずは断っておくことが大切です。

ライブチャットの規約違反と伝える

チャトレをしている女性と、男性会員の直接的な連絡先の交換などはすべてのサイトで禁止されているので、これを使えば断るときのいい理由になります。

外部からの圧力で断ってる感を出す!

上記の断り方の最大のポイントというのは、「私が断っているわけじゃない」ということをアピール出来る点です。

チャトレをやっている女性が自分で断っていると言うことがばれなければ、男性客からも非難されることなく穏便に断ることができて、メリットが多いです。

アドレスやラインは教えないようにしましょう!

ライブチャットには勘違いして女性と出会えるものだと思って登録している男性客が少なくありませ念。そういった男性客からのアドレスの要望には応えないようにしましょう。

チャットレディをやっている女性も、いきなりお客さんが連絡先を教えてくれ!といってきたら、どう考えても教えることはないかもしれませんが、リピートしてくれる仲吉さんが教えてくれといってきたら、つい優しい心がでて教えてしまう可能性もあります。

ですが、チャットサイト以外の場所で男性客といくらやりとりをしてもお金が発生することはないので、正直言ってもったいないです!

チャットレディをやっている人がたまに男性客と会ったりしているという話を聞きますが、とても危険な行為だと思います。チャットレディの最大のメリットはバーチャル空間で触れることができない点だと思います。

ライブチャットをやっている男性というのは、アダルト傾向が強い人が多いわけですから、チャットレディにどんな意図をもっているかわかりません。

直接アドレスやラインIDなどを交換して、実際にあってしまったとして、名前や住所や家族構成などの個人情報を知られてしまったら、弱みを握られたことになるのです。

チャットレディのお仕事というのはそもそも、そういう危険性がないという特徴が最大のメリットなのにもかかわらず、自分から自分の情報を公開してしまうことになるのです。

また他にもデメリットとして、一人のそういった軽率な行為が、他のチャットレディ全体にも及んでしまうと言うことがあります。

なぜ他のチャットレディに迷惑がおよぶかというと、誰かひとりがアドレスなどを教えると、他の子も教えてくれるもんだと思い違いをしてしまう男性ができあがってしまうからなんです。

チャットレディとしての仕事がやりづらくなるだけではなく、結果的に稼ぎにくくもなってきます。チャットレディはルールを守ることが全体にとっても大切なのです!

まだチャットレディをやったことがない人は、とくにチャットレディのルールなどはしっかりまもって、安心安全に稼ぎ続けましょう♪

しつこく聞いてくる男性客は強制退室を使う

一度断ったのにもかかわらず、なんども連絡先を聞いてくる男性ユーザーというのは、もうブロックしてしまってもいいと思います。

チャットサイトにおいて、ポイントを消費してお金を払ってくれる男性ならまだしも、なにもしていないのにただで連絡先を教えろなんていってくるお客は時間の無駄なのでさっさとブロックしてしまいましょう。

チャットレディの女性が安易に直接スマホアドレスなどを教えてしまったりすると、無料で連絡がとれる、そちらから連絡してくるのは目に見えています。

チャトレのメールアドレスを手に入れた男性からしたら、ただで連絡をとりあえるので、メリットばかりですが、チャットレディをやっている女性がわからしたら、メールを何回やったとしても稼げるわけではないので、デメリットしかないです。

サイトの外でいくら連絡先を交換してやりとりをしたとしても、お金がもらえるわけではないので、本来チャットレディで稼ぐ目的で始めたのに、意味がなくなってしまいます。

チャットレディが男性客と直接のアドレスなどを交換するのは、危険なだけではなく、時給をみずから捨てていることと同じです。

ライブチャットで出会えると勘違いしている男性客から連絡先を聞かれてもブロックするのは当然のことです。こういうお客さんをブロックしたところで収入が減るわけではありませんので、気軽にブロックしましょう。

そもそもチャットレディサイトというのは出会いのサイトではありません。そういう勘違いをしてアドレスなどを聞いてくる不躾な男性客はさっさとブロックして、お金をたくさん落としてくれる大切な男性ユーザーを相手にするべきです!